脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

 

脱毛と一口に言っても、毛抜きで抜く方法から特殊レーザーを使ったものまで、方法は様々あります。コストもピンからキリまでですが、脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるのでしょうか。脱毛法を大きく「自己処理」と「プロに頼む」の二つのカテゴリーに分けて考えてみましょう。自己処理のできる脱毛法は毛抜きで抜く・脱毛クリームを使う・家庭用の脱毛器を使うといった方法が挙げられるでしょう。なかでも毛抜きで抜く方法が、一番コストが安いのでおなじみかもしれません。しかしそのデメリットもよく知られていて、ムダ毛がだんだん太くなる・一か所から複数のムダ毛が出る・埋没毛が発生するといった問題があります。こ

 

れらは無理に毛抜きで引き抜く時に毛根やその周囲の皮膚が傷つき、それを修復しようとした身体の組織の働きによって引き起こされます。脱毛クリームも比較的安価ですが、安いものほど肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなります。家庭用の脱毛器にはローラーなどで引き抜くタイプと、光を当てて毛根部を焼くタイプがあります。引き抜くタイプは毛抜きで抜くのと同じデメリットがあり、光を当てて焼くタイプは安全への配慮が不十分だと火傷や炎症を起こすリスクがあります。

 

脱毛の種類によって脱毛効果に違いがあるの?

 

プロに頼むタイプの脱毛はニードル脱毛・レーザー脱毛・光脱毛などがあります。どの方法も自己処理よりは脱毛効果が長く続きます。脱毛サロンで良く行われているのは光脱毛(フラッシュ脱毛)です。色々な波長の光を毛根にあててダメージを与える方法で、料金が比較的安く痛みも少なく肌トラブルも起きにくいというメリットがあります。しかし刺激がソフトな分、毛周期に合わせて何度もサロンに通う必要があり、細い毛には効果が出にくいことがあります。レーザー脱毛は医師が行うので高めの出力でも安全に施術ができ、細い毛にもOKで脱毛効果は光脱毛より高いです。

 

しかし肌に赤みが出やすく、光脱毛に比べるとかなりの痛みを伴う上、料金が高いというデメリットもあります。ニードル脱毛は毛穴に電子針を刺して毛根を破壊する脱毛法で、白髪や細い毛など光脱毛などで効果を発揮しにくいムダ毛も処理できます。効果性はとても高いのですが、施術が高額で大変時間がかかり、相当な激痛に耐えなくてはならないというデメリットがあります。プロに頼む脱毛法は自己処理より料金が高くなるものですが、最近は家庭用脱毛器の値段より安いプランがキャンペーンなどで打ち出されるようになりました。いつも自己処理をしている人はそういうキャンペーンを利用してみるのはいかがでしょうか。

20代OLさんの全身脱毛 京都市内の人気口コミサロンBest5をチェックしてみましょう!2016年もかなり充実したプランで全身脱毛 京都市内なので通いやすくサービス、技術力、料金など全てにおいて条件を満たしていますよ!